外国語を話す

外国語を話す

異文化にふれたり、これまでとは違う価値観をもつこと

を表わします。

日常のどこかで、これまでの価値観を変えるようなものに出会ったのではないでしょうか。

外国語は、自分の振舞まで変えます。

例えば

英語を使うと社交的になり、

日本語を使うと礼儀正しくなるなど、

言葉は文化や土地柄と密接にかかわっていて、

言語を通じて、

価値観や世界観まで広がります。

 

あなたは、

日常では使っていない他国の言葉を、何のてらいもなく喋っていた自分に、

驚いているかもしれません。

前世でその国に住んでいたのかもしれない、

などと考えたくなるかもしれません。

そうであってもなくても、

夢から教えられていることは

好機さえ得れば何だってできる、

ということです。

興味の翼は、国境をも超え世界へと広がる

こと。

 

あなたの細胞の中には、非常に高い知性も組み込まれています。

とりわけ

無意識状態にいるとき、

人は心理的な限界を突破して、普段は現われないような能力を発揮することができます。

何かの「縁」に触れたとき、「チャンス」を得たとき、引き出されることもあります。

 

通訳の夢であったなら、

未知の価値観を理解しようとしていたり、

他人と繋がりたいという欲求も強くなっているのでしょう。

そうした気持ちが作用して、あなたの元に

新しい人が引寄せられ、異業種の人との人間関係も広がってゆきます。

そして

新しい考え方に興味がでてきたり、今まで知らずにいた自分の才能に気付くことになるかもしれません。

ともすれば、人と人との間に壁をつくってしまうこともありますが、

この夢を見るあなたは

多様性を尊重できる人なのでしょう。

宗教上の違い、個性の相異といった表面情の差に囚われず、

いかに共感の回路を切り開いていくことができるか、挑戦しようとしているのかもしれません。

 

占い行為
hanako0513をフォローする
夢占い・夢メッセージのキーワード検索

コメント

タイトルとURLをコピーしました