外国語を話す

外国語を話す

異文化にふれたり、これまでとは違う価値観をもつこと

を表わします。

日常のどこかで、これまでの価値観を変えるようなものに出会ったのではないでしょうか。

日常では使っていない他国の言葉を、何のてらいもなく喋っている自分に、

あなたは驚いているかもしれません。

前世でその国に住んでいたのかもしれない、

などと考えたくなりますね。

そうであるとしても、なかったとしても、

あなたは

好機さえ得れば何だってできる、

ということを夢から学んでいます。

アメリカ合衆国の細菌学者ルネ・デュボス氏は、

人間には、まだ表現化されていない潜在的可能性が非常に豊かなので、新しい環境に遭遇したときには、いつでも新しい創造が生じうる」と述べています。

私達の生命には、無限の可能性・創造性が備わっていて、

チャンスさえあれば、いつでもそれを表わしていけます。

あなたの細胞の中には、非常に高い知性も組み込まれています。

にも関わらず、

多くの場合、自分はダメで力のない人間だと思い込んでいて、持っている力を出そうとしないために、その可能性がなかなか出てこないのだと言われています。

とりわけ

無意識状態にいるとき、

人は心理的な限界を突破して、普段は現われないような能力を発揮することができます。

そんなことはできるはずがない、

と思うようなことも、

何かの「縁」に触れたとき、「チャンス」を得たとき、引き出されます。

その能力があるかないかではなく、出すか出さないかなのです。

必要なのは、

行動を起こさずにはいられないほどの理想を描くこと

であるといえます。

 

通訳しているような夢であったなら、

未知の価値観を理解しようとしていることを告げています。

他人と繋がりたいという欲求も強くなっているのでしょう。

そうした気持ちが作用して、あなたの元に

新しい人が引寄せられ、異業種の人との人間関係も広がってゆきます。

そして

新しい考え方に興味がでてきたり、今まで知らずにいた自分の才能に気付くことになるかもしれません。

ともすれば、人と人との間には壁が作られがちです。

でも、あなたは

多様性を尊重できる人であり、

宗教上の違い、個性の相異といった表面情の差に囚われず、

いかに共感の回路を切り開いていくことができるか、挑戦しようとしているのかもしれません。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました