話す

夢の意味行為

 

例えば「発表」とか「演説」のような場に立っていたなら、それは

自分の考えを主張したい!

という気持ちの表れです。

もしかしたら、普段あなたは自分を抑えていて、

本当はもっと自分を理解してもらいたい

と思っているのではないでしょうか。

「会話」の夢なら、その人とのコミュニケーションを求めているということです。

いずれの場合も、

世間の物差しや他人の意見にただ「同意する」のではなく、

「自分はこう考えている」と自己主張していくように、

と夢は伝えているのでしょう。

 

あなたは「正しい」か「正しくない」かを考えて、なかなか発言できないかもしれません。

でも、

世の中には

ありとあらゆる考え方や意見があり、

何が正解で何が間違っているかなど、本当のところ、誰にもわかりません。

 

夢の中で話す内容は、あなたが言ったにせよ、相手が言ったにせよ、

あなたの「願望」をそのまま代弁しています。

あなたは、相手がそう答えることを予想して考え話しています。

相手の「はい」や「いいえ」は、実はあなたの考えに基づいた自己問答であり、

その言葉が

「いかにも相手が言いそうだ」と思っても、本当にそう思っているとは限りません。

 

夢の中で話が合わないのは、

同じものを見ても、そもそも考え方や見え方が異なるということ、

私達は分別をもつようになると、

「たとえそう思っていても、その発言はしないほうがいいだろう」と

本心を打ち明けず、適当な受け答えをしてすませてしまうことがあります。

それによって事なきをえることもあれば、後悔することもあります。

だから、

夢が本当になるかどうかというよりも、

「他人任せ」ではない、自分の考えをしっかり持つことが大切なのです。

それは、結果的に

あなたという人が、ある一つの哲学を持って生きる人であると認識されることにも、

自分の言動に「ブレない」自分をつくり、自分の意思に拠って生きられるようになることにも

なるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました