石鹸・洗剤

石鹸・洗剤

現実の石けん・洗剤は汚れを落とすものです。

汚れた衣服を身につけていると、身体の衛生にもよくないし、体裁や見栄えも良くありません。

汚れを取り去れば、その衣服は本来の働きを存分に発揮できます。

衣服には「綿」や「麻」など季節にあわせた繊維も使われ、デザイン性・保温性や通気性を保持しているのですが、汚れはそうした特質や機能性を半減させるのです。

夢が告げていることは、あなたが心の働きをよくするために、これまでのどこかで付着させてきた不要なもの・否定的な意識を取り去りたいと思っていること、あるいはその必要がある、と感じている、ということです。

それができれば、あなたの心は今より明るく軽くなるでしょう。

心の汚れを丁寧に消した人は、

世の中のどこでも、先入観や偏見に囚われることがなくなります。

不安定なものに頼ったり、それに親しんだりすることがなくなります。

今の否定的な意識を手放せば、本来の魂の働き「善性」や個性を発揮しやすくなります。

この先あなたを支えるものが、

あなたの心を重くしたり抑圧するようなものであってはなりません。

それは生命が本来もっている自由を失わせ、あなたを檻に閉じ込めてしまうのです。

あなたがユーモアをもって明るく、軽くステップを踏みながら歩いてゆくためにそれがある、ということが大切です。

また、この世界での経験は、ただ何かを「獲得していく」だけのためにあるのではありません。

汚れを丁寧に消し去ることによって輝く不動の心、究極の安定を得られます。

人生のある時点では、不要な思考を排泄する作業も必要なのです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました