ナメクジ

夢の意味

ねばついて不愉快
ナメクジやタコなどの軟体生物は、たいてい

「つかみどころのない」、「得体のしれない」ものを象徴しています。

 

現状向き合っている問題には、

自分や、身近な人物の「やっかいな感情」が絡んでいることを告げています。

 

ナメクジが否定的な印象を持って夢に登場したら、

自分の中の、本来の肯定的能力

ー 地道に、粘り強く進んでいく力

が損なわれている

ような状態です。

「ナメクジに塩」という言葉の通り、

不得手なものを前に、すっかり元気をなくしてしまっているのです。

 

辛い気持ち

を表していることもあります。

あちこちにナメクジがいて、それを退治するような夢は、

辛い気持ちを殺している→気丈に振舞って、気持ちを押し殺している

のかもしれません。

 

巨大なナメクジが侵入してくるような夢は、

自分は今、

途方もなく大きな課題の前に立たされている、

という気がしているのでしょう。

人生のある一時期をそれと向き合い、

根気よく作業せねば解決しえない

と感じています。

 

ナメクジが登場して嫌な思いをするのは、

できれば見なかったことにしたい、

という思いがあったり、

長引くだろうと思う問題について考えさせられ、

イライラしたり、嫌気がさしているから

なのでしょう。

けれど、解決するには、目を背けずに見る以外なく、

事はそうそう自分の思い通りにはいかないのだ、

と受け入れ、

腰を据えて向き合うことで、

思いがけない形で消滅し、解放されることもあります。

 

この夢は、そうして

覚悟すること、

或いは、成り行きに任せることで、

ある時から自然に解決に導かれることを示唆しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました