ビンタ

ビンタ

「手」のキーワードでも触れていますが、

手で表すものは、

どんな時でも

自分で選択し、その意思をはっきりと示す力。

あなたが何かを言う変わりに表現する部位、

自分の人生を、自分の構想や好みにあうようにつくりあげ、調整していく力

です。

とりわけ右手は、

はっきりと自分を弁護したり意見を主張したいとき

働くので、

右手のビンタの言い訳は、

自分の尊厳を守るため

ということになるでしょう。

 

夢は、しばしば他人を介して

何が自分の苦しみの原因となっているのかを知らせてくれます。

夢でビンタした相手は、

あなたが

理解されていないと感じる相手、

若しくは

自分の面子にダメージを与えかねない発言や行為を、この人ならするのではないか、

と緊張感が走る人であるでしょう。

強烈な平手パンチは、そんな相手と自分の

エゴイズムの衝突の中に

起こる可能性が高くあります。

とりわけ、

張り詰めた心理状態にあるとき、こうした夢を見がちです。

夢に現れた相手が現実の身近な人であったなら、

その人とどのような関係をつくりたいかを明確にしましょう。

 

あなたがビンタされる側であったら、

自己評価を下げるような、

困った事態に陥る忠告として受け取りましょう。

例えば相手の欠点を暴こうとしていないか、

自分の発言・行動が周囲に悪印象を与えるかもしれない、という意味で、

真剣に考える必要があります。

 

(「敵対」するような、傍若無人なふるまいは

「殴る」のキーワードになります。)

 

左手は、

拒絶

を表し、

余計なお世話よ!

という意味合いが強くあるでしょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました