部屋(自室)

夢の意味

やっぱ落ち着く。自分らしくいられるんだよね。
夢の中の部屋は、本来の自分の部屋とは違うかもしれません。

でも、何度も登場して、(夢の中では)

お馴染みの部屋になっていることがあります。

あなたの考え方の傾向性、思考のクセのようなものが、そうした部屋をつくりあげているのでしょう。

こと自室は、

あなたが昼間どのような仕事や勉強に従事していようと

結局は戻っていこうとする場所

です。私達は、

「よし、自分の居場所に行こう」などと自分に言い聞かせなくても

やっぱり戻ってしまうのです。

いつもと同じところへ。

なので、

「習慣的な」心の状態を見ている可能性もあります。

「人の目」を考慮していない(アピールが目的ではない)という点でも、現実の部屋とは違うことがあります。

 

その部屋の「感じ」は、今のあなたの正直な心の状態

ー寒い、暖かい、居心地が良くて好き、なんかいつもより素敵に感じた、などー

を表しています。

若しくは、現在そのような状態にあることを告げています。

 

考えがまとまらないでいるときは、

いろいろなものが置いてある、散らかった部屋

に居る夢を見ることがあります。

 

何か悪い習慣を断ち切ったり、変化しようという気持ちが、夢で

もっといい部屋を手に入れたり、移動したり引っ越したりするシーンを描くこともあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました