蘇生させる

夢の意味状態・態度

お願い、もう一度目を覚まして。あなたが必要なの。
生き返る」参照。

私達は、人生の中で過酷な体験をすることがあります。それによって、

イキイキしていたものー例えば無邪気さや自由で自然な感情

が、瀕死状態に陥っていることがあります。

夢で瀕死状態にあったいきものは、どれも

あなたの内面にある、深く傷ついた自分

なのです。

なんとか助けたい、生きてほしい、あなたは

心臓マッサージしたり、助けてもらおうと必死に救助にあたり、

それは奇跡的に命を取り留めます。

 

あなたの心の中で死んでいたもの、死にかけていたもの、

弱り果てていたものを蘇らせようとしていること。

いのちを吹き込んだこと。

 

現実には

簡単に解決できる問題ではなくて、長いプロセスを通ることがあります。

心の傷の深さによっては、

このような夢を繰り返し見るかもしれません。

瀕死状態にあったものに再び生命力を取り戻させるには、何より

本人がそう願い、死の誘惑(諦め)と闘わなくてはなりません。

実際には、

あなたの生存に必要なもの

ー あなたの弱り切った心を支える存在(よいカウンセラーやパートナー)や、

このまま生を終えはしない、

そう奮い立たせてくれる存在(生きがいになるものや人)

を得ようと努めることが功を奏すでしょう。

体験を知識にかえ、より普遍的なものを追求していくなら、

心はすこしずつ変化し、成熟していきます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました