踏切

踏切

ひとまず、

独自のスタイルで走り勝ちな自分を脇に寄せ、相手が通り過ぎる

(権利を遂行できる)のを

待ちましょう。

 

自分も

愛しあい、助け合う人達の一員で、他者への関心も必要である

ということを、思い出す必要があるのかもしれません。

この場合の「他者への関心」には、尊重する姿勢が求められます。

他者の権利を大事にすること。

 

踏切は、電車と人・車の衝突を防ぐためにあり、

私達は規則を守り、ここに立ち止まります。

 

「生の法則」に従うように、

ということ。

 

そうすれば、無用な衝突は避けることができます。

動物には「縄張り領域」があり、その境界を自然な方法で警告します。

人間にも独自の領域があり、それを超えた先には家庭、地域、もっと広い組織へと、段階的な区分けをし、私達は

承認なしに、それを超えてはならない

と察知します。何より

私達人間は、礼儀作法を重んじることで、うまくやっているのです。

よそよそしさの中に、自分を守りながらも他者と交流していこう、

尺度の合わない人達や世界とも交渉し、譲歩しあおう、と

自分をきちんと制御することで、

自分も尊重してもらえる

ようになります。

ただ、

人は、願望や理想に向かって進んでいくので、

時々そのことだけに意識を奪われてしまうことがあります。

個人的な願望を優先しようと思っていないか、

今一度確認して進みましょう。

占い場所
hanako0513をフォローする
夢占い・夢メッセージのキーワード検索

コメント

タイトルとURLをコピーしました