値段

計算機を手にするスーツ姿の男性と¥記号
夢の意味

なるほど。それだけの価値はあるね。

値段の夢は

自分自身の行いにつける値段

です。

夢に登場していたものの値段には、

自己評価

が絡んでいます。

夢に登場したものに正当な価値をつけ、その対価を払える自分であったか

かどうかが鍵です。

買う」参照。

 

値段が安いものは、たいていの場合

大量生産されていて、

クオリティが低かったり、

価値がさがってしまったもの

です。

高いのは

他にはないオリジナリルの魅力が味わえるとか、

クオリティが高く、

価値が変わらないもの

です。

 

判断基準は、たいてい

「魂」的な取り組み

です。

生命状態が高く、魂を磨いていると思えるときは、夢の中でつける

値段も、おのずと高くなるでしょう。

 

現実に何かを購入しようと考え、

そのものの与えてくれるエネルギー(価値)に見合った金額を払ったら、

高くても

心底

有意義な買い物をしたという満足感がある

ものです。

 

満足のいく買い物、違和感のない値段は、

それに見合ったエネルギー(情報や役割等々)のやりとりができている

ということです。

 

安いものを買わされそうになる夢は、

自分が思っているほど、周囲はあなたを認めていない

可能性があります。

 

自主的に価格を下げる(値切る)こともあるでしょう。

現実には

実際よりも安く何かを手にいれる

のは嬉しいことですが、夢で値切るのは、

高い物を購入できない自分を意識している、

自分のことをまだまだだと思っている

ということです。

値段を見て迷うのは、

それを手にするにふさわしい自分かどうか、問うている

のです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました