鍋(なべ)

鍋(なべ)

自分や人の利益になるよう、思考や想像力を働かせて問題を煮詰めています

極端な状況を想像したり、本質を明瞭化して、

頭の中で議論をぶつけあっているのです。

通常の状況でははっきりしない物事を明瞭化するには、あえて特定の要素を強調したり、他の要素を取り除いてみることが大切です。

誰しもが「我が身に照らして」物事を考えがちで、

「おそらくそんな人はいない・そんなことは起こらない」という誤解や偏見をもっていたりします。

想像力を働かせ、欲望をあぶりだして正義の方向にかえ、哲学で思慮する試みが大切な段階であるといえます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました