ピンク

ンク
赤と白を混ぜてできる色。

強すぎない情熱、燃え上がるような愛ではない、恋人というよりも家族のように長く持続する優しい愛、或いはもっと可愛らしい自分を表現したい、そんな思いがこの夢には表れています。

時に強気になれないことが災いすることもあります。

自分が一生懸命力を尽くしたのに、それを無視され、悲しい気持ちになることもあるかもしれません。

「わかってほしい」と受動的になってしまい、自分の心の声をしっかり伝えられず、もどかしい思いをしてしまうことがあるのではないでしょうか。

自分の苦労や優しい気持ちを誰かに汲み取ってほしいのです。

基本的には

仲間と一緒にいたい、

なんとかして自分の中から溢れるような水を注ぎ込み、相手を充してあげたい、そんな心を持っているといえます。

 

桃色は人間の肌にも近い色であり、哲学者からは「心魂の生きた像を示している」とも言われています。

そうした理由からも

「思う心・感じる心・愛を基本とする色」であり、人間の思考・感情に影響される世界を示していると解釈できます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました