夢の意味

言葉よりも絵や記号のほうが伝わることもあるよね。
夢で見る「絵」は、

自身のライフシール

と言われています。

それは、

感情に彩られた幾多の体験

であるかもしれないし、

実現したいと思う夢であるかもしれません。

 

絵は、「その人の心を映し出している」とも言われています。

私達の心は自由で、空に浮かぶ城を描くことだってできます。

でも、

心の中にないものを描くことはできません。

 

夢で見た絵に何故か強く惹かれ、頭から離れられないであれば、

実際にその「絵」を描いて飾ってみることをお勧めします。

見る度に心豊かになるのは勿論、心を込めて描いていくとき、あなたにいろんな気づきをもたらしてくれるでしょう。

夢の絵が印象に残るのは、

それが、あなたの全体性を回復させる力があるから

なのでしょう。

絵には、

言葉にできないような無意識の心理や思い

が、込められていたりするのです。

あなたの、激しく揺れ動く感情や、

抑え切れない欲求の発露

であったりもするでしょう。

 

現実でも、夢でも、

あなたが描く絵は、内面から創造される世界

です。

自分の中で蓄積されてきた世界

を、どれだけ現実に美しく、或いは理想どおりに表せるだろう、

と、期待が込められているのかもしれません。

 

現実のなかで

これはエネルギーが流れ込んでくるな、

と思う絵に出会ったら、それをセレクトしましょう。

あなたの、「無意識に潜む嗜好性」が浮き彫りにされることもあるでしょう。

パワフルなその象徴表現に繋がるためにも、

できるだけ直感などの

感覚を大事にしましょう。

頭で理解しようと思わなくてよいのです。

鳥の歌を「理解」しようという人はいないように。

あなたがその絵を「素晴らしい」と感じることが大事なのだから。

また、

そうした芸術を味わう心は、

人とを結びつけ、人間としての共通の基盤を自覚させる普遍性を持ちます。

互いを尊重しあい、分かち合い、学びあう世界を創り出します。

芸術の夢が示していること」参照

コメント

タイトルとURLをコピーしました