写真 

写真 

その思い出や記憶が必要だということ

写真の中には、あなたの知っている感情があります。

現在に至るまで、一つひとつ味わい大切にしてきた感情。

その自分にフェーズを合せていくと、その都度のあなたに親しみを感じることができます。

喜びもあり悲しみもあり、今ではおかしく感じられさえする不条理な怒りなど、

あなたが刻々と感じてきたことをなぞることができます。

あなたが何を愛し、何を欲して生きてきたのかを知ることもできます。

手にとった写真は、その中でも心惹かれる一枚。

今のあなたに必要な人格。

その時のあなたが、今立ちはだかっている問題の解決に役立つのかもしれません。

何でもないことが、後になって実は大きな意味をもっていたと判ることがあります。

そういう意味で、あなたの過去は、記憶されることで引き出したり利用することのできる「遺産」なのです。

無意識的な「嫌悪・愛情・衝動」も、あなた自身から受け継いできた遺産です。

けれど、いつも遺産の全てを抱え生きていくのは大変です。

現実の世界で必要な時写真を取り出すように、記憶も普段は無意識の貯蔵庫の中に収納されています。

過去その場所を通ってきたことを

あなたが譬え忘れてしまっていても、「写真」を見て思い出すことができます。

それを計画的にも偶然的にも引き出し利用することができます。

あなたの感情が誘発されるもとになった経験も教えてくれるでしょう。

「その感情は正当な起源をもっている」と、証明してくれます。

もしも、不愉快な感情のしこりを十分説明することのできる事情を過去の写真が教えてくれたら、

あなたはその傷を癒し、はじめて手放すこともできるでしょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました