懐かしい

夢の意味

これ覚えてる、本当に大切なことって、未来にも生き続けていくよね。

過去に戻りたい、

という気持ちの表れです。

過去に親しみを感じているのは、「今」の自分に親しみを感じられないから

かもしれません。或いは、

思い出を美化し、

辛い記憶を更新させていること。

どんなに辛い過去も、過ぎてしまえばいい思い出となる、

辛い今を生きる

ために、同じようないいことがあるかもしれない、

と「良いこと」に目を向けさせようとしている可能性もあります。

 

肯定的には、

自分が来た道を振り返り、

自分がどれほど愛され、遠くまでやってきたのか確かめつつ、

現状に立ち向かう対処法を見つけようとしている

可能性があります。

 

夢で見た

懐かしいものや懐かしい場所は、自分にとってかけがえのないものや、

かけがえのない場所です。

その時を経験したという

原始の輝きである

のですが、

それを愛し、尊ぶことのできる心が、

いつまでもあなたを縛り付け、

現在(いま)には何もないと思わせ、

未来に向かうことを躊躇わせ、

思い出の中に閉じ込めてしまうこともあります。

人は、

「何から何まで全部知っている」ものに安心します。

でも、

そうではない物事に、いい意味で驚かされることもあり得ます。

これから起きることを受け入れていくためにも、

これまでに獲得し育ててきた知識を使って、

過去をしっかり見据える

ことが大切です。

 

今起きていることを楽しみ、

もっと良い思い出をつくっていきましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました