隣人 

人物・キャラクター夢の意味

どこに境界線を引いたらいいんだろう。

いざとなったら関わり合う関係。

「隣あう人」は、その他大勢の人達に比べ、

何かが起きたとき、

助け合ったり、何かを共有しあったりする確率の高い人、

特別な関係になる可能性が高い人

です。

そういう意味では、

運命を感じさせるような人

(出会うべくして出会わなくてはならなかったような気がする相手)

であるともいえます。

その関わり合いかたについて、

或いは、人間関係を円滑にするために必要なことについて

考えている可能性があります。

また、

私達は、たいてい

お隣に住む人とは仲良くして、

平和に暮らしたい

と思うものです。現実の人間関係の中に、

そのような気持ちを抱く誰かがいる

か、それ以上深くは関わり合いたくない、

と思っている可能性があります。

でも、

関心がないからと言って、無碍にはできない、

かといって、深くかかわりすぎないほうがいい相手。

例えば

友人以上恋人未満のような、

境界線があいまいになっている人物

がいるのかもしれません。

 

夢のお隣さんは、あなたに対し、友好的な態度であるのに、

自分はそれに応えられず、反省する夢だったかもしれません。

相手ほど重要視していないか、その気持ちに応えられないでいる

可能性もあるでしょう。

そういう人達に対しても、

隣人のように接しよう、

と心掛けていれば、それは相手への誠実な振舞いとなり、平和な関係が維持されます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました