人前で裸になる夢を見て「なんて恥ずかしい思いをしたのだろう。夢でよかった」と、ほっとするかもしれませんね。

無意識の世界での「裸」は「体」ではなくて、

心を裸にすること

を示唆します。

本音を晒すこと、隠している気持ちを暴露しなくてはならない状態に追い込まれている時、

自分を恥ずかしく思う、高級自我がこの夢を見せていることが多いのです。

本心をさらすことで、

他の人に欠点を知られる可能性もありますから、

体と同様、心を無防備にすることには抵抗が働くものです。

 

比較的ポピュラーなのは、

気付いた時は既に裸になっていて、びっくりしたあなたは、自分の身をどこかに隠すのに必死になる、

けれど周囲の人は、そんなあなたに気付いていない、

というような夢です。

この夢が表しているのは、

たいていの場合、他の人は自分のことで頭がいっぱいであるということ、

そして、

あなた自身も今、自分のことで頭がいっぱいで、パニックに近い状態になっている、ということです。

例えば昇進して人前にでなくてはならないようなことが増えるなど、

「人目」を気にしてしまうようなシーンが日常に多くなっているとき、

こうした夢を見ることがあります。

あなたがもし、そのような状況にあるのだとしたら、

状況に「慣れていく」ことが一番の解決策です。

環境に馴染んでくれば、自然と相応しい服(相応しい立ち居振る舞い)を身に付けられるようになりますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました