物事が動き出すタイミング。

意識の目覚め。

何かが新しくスタートしつつある、ということ。

朝の夢を見たら、

心機一転、新しいことを始めるチャンスだと受け止めましょう。

日々があまりに単調であったり、スケジュール化されていると、

「未来に向かって」いく、イキイキとした関心の集中は希薄化してゆきます。

それでも、私達の生はいつだって「未来」に向かっています。

出発する時、私達は、

やがて到達すべき、彼方にあるように見える未来に向かっているように感じます。

けれど、振り返ってみて、あなたの人生に大きく影響を与えていたと思えることの中に、

実はすでに未来は決定されていた、

と考えることがあったりはしないでしょうか。

スタートの時点で

既に完成されたものとして存在していることがあります。

未来における収穫のために、私達は日々の労働によって未来を創り出しているように思います。

けれど、実際には出発点において、あなたは「未来が現在になる」ことを期待していたのであり、

途中の活動は、それを具現化しているに過ぎなかったりもするのです。

なぜこんなことを言うかというと、

そうした

自分の内面にある「心の姿勢」が、プロセスの逆境においても最も力を発揮する強さになるからです。

あなたの未来に向かっていく精神それ自体を愛し、未来を志向していくことが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました