嘘をつく

夢の意味行為

言いたくないんだ。

自分や、嘘をついた相手に疑問を持っていること。

受け入れがたい事実に直面している、

或いは、

自分のコンプレックスに直面せざるを得ない事態にあること。

 

人は、

弱さや力の不安を抱えているときに嘘をつきます。

本当の自分を表に出すだけの

自信がないのです。

 

「俺は嘘をついたことなどない」と思っている人も、

そうとは思わない形で、嘘をついていることがあります。

例えば、

二度と会いたくない人に「今度一緒に食事しましょう」という

建前的な嘘です。

俺は○○大学を出た、すごい人物なんだ、

という嘘であっても、

それは、私の仕業じゃない、

という言い逃れの嘘であっても、

本音を隠して、上辺だけ繕っている

ところでは、同じです。

 

何か自分の劣等感を刺激するようなものと出会った

可能性もあります。

誰でも自分をよく思いたくて

見栄を張ってしまうけれど、

一度嘘をつくと、その嘘とともに生きて行かなくてはなりませんから、

嘘をつかないほうがいいに決まっています。

ただ、

その嘘には、

あなたの本音や理想が隠れている

ことがあります。

「嘘つきは泥棒のはじまり」というけれど、

「嘘も方便」という言葉もあるわけで、突き詰めてゆくと

夢の嘘は、真実と繋がって

いたりするのです。

「それは有害である」と決めつけず、

夢の嘘の中にある「利」

について考え、

微妙なパラドックスを探ることが大切

です。

 

私たちは、その気になればどんなことでも正当化することができます。

でも、

どうにか自分や相手にそう信じ込ませることができたとしても、

心はいつだって真相を知っている

のです。

あなたの(理想的とは言えない)計画を再考する必要があります。

最終的にはそれが良い結果につながるはずです。

夢の「嘘」から自分を救いだすためには、

自分が冷ややかな目で見ている側面を評価してあげること

です。

あなたがまだ発見できていない、肯定的な側面をみつけてあげることです。

自然で、素朴で、親しみのある自分

を表に出せるようになると、

不必要な囚われや幻想から抜け出し、安心を得ることができます。

そして、

あなたが本当に求めているものと結ばれるようになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました