自分自身の安定度・基盤。

「足を洗う」という言葉がありますが、

夢で足を洗うのは、

現状から抜け出る努力が必要、

ということを意味します。

シーンによっては、危険な場所にいることを知らせていたりもします。

足は人の身体を支えることから、あなた自身の力量を示してもいます。

例えば「支払い能力」など、現実処理の能力について表わしていることもあります。

ただ、どんなに力量があり、智謀に優れていたとしても、誰にも「未熟」なところはあるし、

「体験」によって、今を超えていくしかなかったりします。

足にまつわる夢は、ストーリー全体を通して

心をリードしていくための主体性を確立していくことが大切である、と告げていることもあります。

靴・踏む(未記述) 参照

コメント

タイトルとURLをコピーしました