自分の意思をはっきり示す時、誰でも無意識に手を使います。

手が示しているもの、それは

人生の構想をつくっていく力を自分はもっているのだ、

ということです。

(ただ、最終決断を下す前に一度、他の人の助言に耳を傾けることも大切です。

それができることのほうが、あなたの人生を楽にするからです。)

手を怪我したり失ったりする夢は、

あなたの創造性や自由が脅かされている

という警告です。

大切な誰かと手を重ね合わせようとしたのに、相手の手が冷たく感じたり、申し訳なさそうに引っ込めてしまった、などの夢は、

今は愛情交換ができないでいる、というサインです。

拒絶されているとは限りません。

相手の側が、今それができる状態にないだけの場合もあるから。

手には、愛を差し出し(右手)愛を受け取る(左手)

エネルギー交換

の意味もあります。

美しい手は美しい奉仕を、

拍手している夢は、励ましと承認を、

握手は友情

を表します。

ただし、否定的な象徴として表れていたら、うぬぼれ・自己賞賛を示しています。

汚れた手は、汚い仕事を行ったために感じる良心の呵責を、

堅い手は過酷さを、

荒れた手は、家族や友人など、周囲の人たちに対する接し方に内面のやさしさがかけていること

を示唆しています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました