帰る

帰る

休養をとりたい

と思っていること。

夢の中で帰るべき場所に辿り着くことができれば、近いうちにプライベートな時間を手に入れることができるでしょう。

この夢を見るあなたは、忙しい日常生活を送っているのでしょう。

もしも、夢で見たシーンが「帰宅した」ではなく、「帰宅している(途中)」であったなら、「リラックスしたい」願望を伝えているに留まります。

現実にはそれがなかなか叶わなくて、「夢の中でだけでも」という気持ちが見せているか、

「これから忙しくなる」ことを暗示する逆夢であったりもするでしょう。

夢の中で「自宅の玄関を開ける」シーンまで描くためには、現実にも意識してその流れをつくっていく必要があります。

外界が自分を緊張させる場所であるとすれば、帰る場所はその緊張感を解く場所であり、

他者からどう見られているか気にする必要のない、自分だけの世界に帰りたい、本当の自然体でいたいという気持ちが強くなっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました