外国に行く

場所夢の意味

未知の世界に足を踏み入れる

外国に行っている夢は、

知らない問題に取り組むことになる

ことを暗示しています。

あなたがそれに心を動かされていること。

そのような場所に繋がる何かがある

ということもありますが、

特定の国や県に行く」参照」

必ずしも物理的な移動を指してはいません。

未知の世界に足を踏み入れるような体験をして、

知的・精神的に急成長していること。

 

まっさらな気持ちで大きなテーマを学んでいる可能性もあります。

そのため、

「これまでのやり方が通用しない」と嘆く人がいる一方で、

自分を取り巻く世界がかわったことで、

「今こそ自由になれた、解放された」、

と喜びを感じることもあるでしょう。

 

ある女性は、

飛行機チケットを購入して、現地に向かう」夢を見ましたが(どこの国かは明確ではない)

「散々な目に遭った挙句、そこは現地ではなく」

「まだ、降りた空港の広場にいた」といいます。

夢主は、最近周囲の人が始めたことを、自分もやっていきたいと考えていました。

それで、思い切って(夢を見た)その日、

最初の一歩を踏み出したのです。けれど初日は試行錯誤で終わり、

全く成果を感じられませんでした。

「現地ではなかった」というところには、

「自分はまだ、その場所にも到達していない」、という気持ちが表れています。

解釈としては、

「力は、一朝一夕の詰め込み式で身につくものではない」ということ、

それを本当に知るには、

一定期間、その「場」に身を置き続け、

何かをくり返し体験し、身体で何かを覚えていくことが大切だ、

ということなのでしょう。

これが、「情報」に置き換わる、かけがえのない財産になります。

この夢は、夢主の

これまで「外側からだけ見ていた世界」に、足を踏み入れて「中の人」になっていこう、

それを、しっかり手に入れていこう、という気持ちの表れだったのでしょう。

 

否定的には、

狭い世界から脱却できずにいること。

未踏の地に踏み込むにも、新しいステージにあがるにも、勇気が必要です。

実際、海外に行って

いち早くそれを受け入れられる人もいれば、長く「置き去りにされる」人もいる

わけで、真剣にならざるをえません。

遠慮せずにぶつかって行けば、素晴らしい着地点にたどり着けます。

経験して、「自分のものにする」ことができれば、あなたは強くなり、

世界はもっとひろがってゆきます。

場所<特定の国や県

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました