幽霊・お化け

夢の意味未知のもの・実存しない生物・人智を超えた事象

信じてもらえない、わかってもらえない。

人に話しても理解してもらえない、わかってもらえないという心

が、お化けや幽霊のような幻覚をうみだすこともあります。

自分にとって、その状況は深刻なのに、我慢しなくてはならなかったり、

わかってもらえないという欲求不満が、こうした存在をつくりあげることがあります。

過去のある状況が、ふたたび戻ってきてあなたに憑りつき、

悲しい気分をふり払えずにいること。

過ぎ去った時の中にいるあなた。

「お化け」が得たいのしれない生き物であるのに対し、

幽霊は、

かつてはこの世を生きていた人間であった

ということです。

 

何かの拍子に記憶の層を通り抜けてきたり、必要なことを思い出そうとして、

フィルター越しに過去を追体験している

のかもしれません。

今よりもっと幼稚な自分。

それが恐ろしく感じることもあります。

あなたには、それが辿った結果の感情がわかるから。

忌まわしい自己イメージ

が流入してくるように感じているのかもしれません。

 

夢の幽霊はたいてい

感覚的な信号を送っているだけ

なので、

今のあなたに備わる深い愛・高い霊性でその表現を許してあげましょう。

自分の中にそういう人格がいることを認めつつも

深入りせず、気分転換して

低次の中にうごめく存在

にこれ以上関与しないことが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました