診察を受ける

夢の意味行為

医者」参照。

診察するときは、

血圧を測ったり、血液検査、レントゲン検査など、

身体の一部分を見せたり提供する必要があります。

肯定的な感情を持ちつつも、

それについての複雑な気持ちがあること。

裸の自分の内面

を見せなくてはならないことへの抵抗

が働いているのかもしれません。

 

否定的な夢は、

強い力への抵抗が働いている可能性もあります。

患者は「か弱い存在」、世話をしてあげなければ、どうなるかわからない存在

であり、

そんな

弱い自分、助けられる側にいる自分

を認めることができなかったりもします。

夢の物語の中では、

自分は病気ではない、

と言い張っていたかもしれません。

 

ただ、

医者が登場したということ自体は、

あなたの中に癒し手があらわれた、

自己治癒力が活性化していることの表れ

なので、

要は、あなたがそれに同意できるかどうか、

自分の傷つきを

受け入れられているかどうか

というところにあるでしょう。

 

夢の医者を信頼するには、まず

医者=自らの癒し手を信頼していることが大事だし、

診察し、楽になるためには、傷を自覚する

ーこれまでに受けた様々な苦しみなど、、無意識な感情に気づいてあげる

必要があります。

 

その傷に触れられたくないほど過酷な体験をした場合、

感情が「麻痺」して何も感じなくなっていて、

自覚するだけで、大変なエネルギーを要することがあります。

 

診察を受けて楽になったのだしたら、

理解され、受け入れられこと、

自らを手当できたことを表しています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました