イライラする

イライラする

夢の中の出来事にイライラしてしまうのは、現状が

思い通りにならない・進まないと思っていること。

「イライラ」は、怒りとは少し違います。

はっきりした原因が判明しなくて、何かを見通せずにいるとき

「イライラする!」と言います。

それは、深い心の層から生じてくるもの、自我の光のおよばないところで何かがうごめいていたり崩壊しかかっていたりする時です。

例えば朝、

自分と同じ年齢で立場も同じくらいの人が、何らかの成果をあげ脚光を浴びているニュースを見た、

というだけで、

あなたの劣等感を刺激していることがあります。

夢が伝えていたのは、

そんな風に、日常のなんでもないような出来事の中で、あなたの自我存在がおびやかされていた、ということです。

もしも、

現実世界で何らかの問題が浮上していて、

「自分とその人との関係」を無視できない状況にあっても、気を重くしないように。

「イライラする相手」は、自分とは異なる世界をもつ人、

一つの多様性の表現なのだと考えましょう。

自分と心から共鳴できる人に出会うのは、アマゾンのジャングルの中で一人の人を見つけるくらい、奇蹟的なことです。

運良く近くにいることもありますが、そうではないからといって

無理矢理何かを変えようとすると、本来の軌道からはずれてしまうでしょう。

異質な人と接することは、自分自身の中にある複雑な回路を活性化させる、そう思い、

多様性を受け入れていくほど、あなたは成長することができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました