庭師・造園家

人物・キャラクター夢の意味

夢のに、庭師が登場して

あなたに何か尋ねたり、提案を受けたり、

作業を見ることがあるかもしれません。

庭師は、

巧みな技術によって、

無法な自然の中に、洗練された庭を創りだします。

庭師が登場する夢を見るのは、

あなたの中の、高次を求めてやまない意志

が何かを成そうとしているのかもしれません。

 

私達はみな、何かしらの種を植え、

希望と夢を大事に育み、

大志に精力を注ぎます。

それらが実を結ぶまで、それらに養分を与え、不要なものを取り除き、成長をうながします。

あなたが、

これまで蓄積してきた

智慧や洞察力によって

思考を整理していくような段階にいること。

 

自分の中に

秩序のある美しい景観を生み出そうとしていること。

 

園芸家の仕事は、

ただバランスよく、花や樹を植えていくことではありません。

陽の当たる場所や日陰、草花の成長度合いを計算したり、彩りも考慮しなくてはならないわけで、

有限世界の

法則を理解しながらも、

雇い主の納得のいくものを完成させていかねばなりません。

 

それは、たくさんの条件と相談しながら、可能性を引き出そうとしている

今のあなたの取り組みのようでもあります。

 

実際の作業を通し、思索を深めながら

「お気に入りの庭を創っていく」よう、

言われているのかもしれません。

作業員の様子が、労働意欲を表していることもあります。

それを実りあるものにする意欲が必要で、

身の回りにある滋養になるもの・水分になるもの

に気づくことされできれば、一見、苦労が増すようでも、結果的に自分を益するようになるでしょう。

 

或いは、

その人を通して自分が本当に望んでいることは何か考えていたり、自分を見つめ直している

可能性もあります。

その結果、

このままの環境では、自分のためにも人のためにもならないと気づく

可能性もあります。

たとえば「ブラック企業」のように、現実の世界には

しがみつくに値しない、

劣悪な環境

も存在します。あなたの可能性を開いてゆくためにも、

自分を傷つけるような環境から離れ、

新天地を探しにゆくことを検討せねばならないかもしれません。

 

芸術の夢が示していること」   参照

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました