顔(美醜)

顔(美醜)

顔は、印象や態度を表します。

その人の生命の本質が、顔の美醜となって夢で表れることもありますが、

あなたが自分をそうイメージしているだけ、のこともあります。

潜在意識は、あなたの微細な心の動きも読み取って、

ほれ、今の自分、 こんな風だよ

って、見せてくれます。

あなたのレベルアップを望んでいるので、誇張したり拡大して見せることが多かったりします。

ネガティブな傾向に強くはまっていると、あなたを惨めにさせるようなイメージとなって夢に描かれます。

心配ごとがあるとき、夢の中で本来の美しさを台無しにしていることがあります。

自分の性格の欠点にばかり注意が向いているとき、

その欠点を強調した顔を作り出します。

自分の陰険さ・不純さなどを自覚していないときも、夢がこの手法で警告することがあります。

あなたの魂は、

光と闇、善と悪と戦い、揺れ動いています。

悪の部分が顔に表れているというより、善の部分が働きかけてこうした手法をとっているのです。

例えば、

耳・目・あご・口の歪みなどは、これらの部分がゆがんでいる、進歩の障害になっているという警告です。

自己中心的になっている場合がほとんどで、

噂話が過ぎ、他人のゴシップを触れ回って楽しんでいるとき、顔に大きなできものができる夢を見ることもあります。

そのような目にあって、初めて自分の行為を振り返り、何を正せばよいのか考えることができます。

自分の子供の性格を憂いているとき、夢でその子の顔が醜くなる夢を見る人もいます。

目覚めたとき、いつものかわいい愛おしいわが子であることを確認して、ほっとすると同時に、

これ以上の欲は出すまいと思うのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました