励ます

二人を両腕で引き寄せ、しっかりとつつみこむ男性
夢の意味行為

自分には、人を勇気づけたり、癒す力がある。
あなたの中に、それを超える能力があること。

「それ」とは、時々に表れる悩みや弱い心のことです。

自分の中に、

「超越的な領域がある」と自覚できたこと。

 

夢であなたが励ましていた人物は、

あなた本来の心や能力を表すために

登場した可能性があります。

 

あなたには、

まだ知らない能力が沢山あるのですが、その一部を手に入れられた、若しくは「自覚できた」

可能性があるでしょう。

 

励ましの言葉は、その人の

優しさや寛大さから発せられます。それが

対象を歓喜させ、価値ある協力体制を作るきっかけとなるように

その力は、あなたの世界を豊かにするものです。

 

無名のミュージシャンの応援に駆け付け、励ました

夢を見た女性がいます。

そのミュージシャンは、涙を流し、喜んでいたそうでした。

この夢の幾つかの展開は割愛しますが、

自分を救うためには、

自分の思いを

人に伝わるよう表現していくことが大切で、

その力を磨く必要がある

ということだったのでしょう。

その表現の仕方を身につけたら、あなたはずっと遠くを目指し、

はるかに多くのことを成し遂げられるようになります。

 

「励まされる」夢を見る人もいます。

ある人は、

列車がどこにも停まらず、焦る」夢の中で、

目の前に同じ会社の上司がいて、

「止まらないのなら仕方ないよ、潔くあきらめよう!と自分を励ましてくれた

そうでした。

夢主は、現実には職探しに焦っていましたが、夢を肯定的に捉え、

「焦って探すのはやめ」たそうです。

それからほどなくして、無理なくできる仕事が見つかったようでした。

 

それが何かはっきりしない

としても、こうした夢に何か感じるものがあったなら、

人生の課題や、あなたの世界をより豊かにするために

自覚する必要があることについて知らせている

ので、「その働き」について考え、思いを馳せてみることが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました