寄付

夢の意味行為

これ。少しだけど、役立てて

現実に立ち返ったとき、本来なら

寄付の必要を感じない相手に寄付していた

と、解せない思いに駆られたり、

〇〇を寄付するなんて、なんて馬鹿なことしたんだろう、

と思うこともあるかもしれません。

 

けれど、夢の法則では

誰かに寄付したお金・恵んだ物は、

いずれ自分のところにもどってくるもの

なので、

その人を介して価値を創造した

ということ。

 

寄付したものが

誰かにとって必要になるというよりは、

あなたにとって必要な、欲望に関わるもの。

その欲望を充足させる性質がある

か、

それに適合していた

ではないでしょうか。

(その品物の意味についても調べてみてください。)

 

寄付した相手が

子供なら創造主を、肉屋であるならエネルギーを表すなど、

それが象徴していることの中に

美しさとか、

利益

になると思えるものがあります。

寄付したのは、

「自分にとって価値あり」と評価していたから

なのでしょう。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました