ダイヤモンド

ダイヤモンド

夢のダイヤモンドが示していたもの、それは

素晴らしい価値あるもの

です。

どこにあっても光っていて、値打ちがあり、大事にされる生命状態

のことです。

何があっても壊されない尊極な生命や境地

同じ炭素でできた鉛筆の芯は黒くてもろいのに、なぜダイヤモンドはあれほど美しく強い結晶になるのでしょう。

それは、地下100キロ以上の深いところで、きわめて高い温度と圧力によって生成されるから。

つまり、その

過酷な条件が、無常の輝きと最高級の硬さを生み出すのです。

どの人の中にも、ダイヤモンドのように煌めく「良いもの・美しいもの」があります。

ダイヤモンドは、環境によって性質が変わったりはしません。

でも、磨いていない原石は光っておらず、ダイヤモンドの粉で磨くことで光り輝きます。

絶対絶命の人生の難局を乗り越えたとき、人は同じことを思います。

必死に戦ったあの日々が、一番充実していた、

あの時、強い自分に変われた。

あなたも自分の中に手応えを感じたら、苦心の末ダイヤを掘り下げるでしょう。

そして、それを磨き続けます。

「本物の」決断をもって進む人にとって、そのプロセスは快感を知るためにあります。

あなたが全身全霊を傾けたものは、様々な角度から光りを浴びて輝くでしょう。

それにより、あなたは自分だけでなく、他の人に「誰の魂にも無限のパワーがある」ことを示すことができます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました