ダイヤモンド

夢の意味

ダイヤモンド

夢のダイヤモンドが示していたもの、それは

素晴らしい価値あるもの

です。

ダイヤモンドは、

最高の硬度と光沢をもつもの

です。

どこにあっても光っていて、値打ちがあり、大事にされる生命状態

のこと。

清浄無垢を象徴し、

「制服されないもの」「無敵のもの」という意味のギリシャ語に由来します。

何があっても壊されない尊極な生命や境地

 

同じ炭素でできた鉛筆の芯は黒くてもろいのに、なぜダイヤモンドはあれほど美しく強い結晶になるのでしょう。

それは、地下100キロ以上の深いところで、きわめて高い温度と圧力によって生成されるから。

つまり

凝縮した圧力と厳しい苦難の熱に鍛えられるという、

過酷な条件が、無常の輝きと最高級の硬さを生み出すのです。

しかも、地表まで運ばれたものだけがダイヤモンドの輝きを放ちます。

不滅の光。

 

ダイヤモンドは、環境によって性質が変わったりはしません。

どの人の中にも、ダイヤモンドのように煌めく「良いもの・美しいもの」があります。

ただ、磨いていない原石は光っておらず、ダイヤモンドの粉で磨くことで光り輝きます。

生命を真実に磨ききること。

「本物の」決断をもって進む人にとって、そのプロセスは快感を知るためにあります。

あなたが全身全霊を傾けたものは、様々な角度から光りを浴びて輝くでしょう。

それにより、あなたは自分だけでなく、他の人に「誰の魂にも無限のパワーがある」ことを示すことができます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました