拒絶、否定、肯定

夢の意味行為

私達は、夢の中で

泣いたり、わめいたり、なんとか事を荒立てぬよう動いたりしながらも、

自分の中に「それ」を統合してゆこうとはかっていることがあります。

 

仕方なく「はい」と答えることもあります。

同意するわけじゃないけれど、

それを黙認しているような状態です。

相手の意見と、自分の意見を擦り合わせするには、多大なエネルギーを要します。

価値観が狭く、自分になんらかの制限がかかっている場合、

理想に到達するためのルートが思いつかないので、

やはりそこは経験を積み、自分の人生を豊かにしていくしかないのかもしれません。

 

相手の言い分に対し、

「嫌だ」と言ったり、

「断る」と言うのは、

あなたが意思表示できるということ。それは、

相手の同意が得られなくても、何かを決定しなくてはならない

時の、大切な能力です。それを使えているということです。

 

反論するのは、

その人のやり方が、あまりに強引であるとか、

攻撃的であったり、自分にとっては馴染みのないやり方を

強要されるからです。

好ましいことのように思えない、

自分とは縁遠い存在

だと感じているのです。

 

認めたくないそれを自覚することが、

あなたの自立には必要である

ということ。

自分の中に統合しがたい

傾向のものについて、考える契機とすることが大切なのでしょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました