泣く

泣く

まず最初に、

悲しい出来事が起きる、という意味ではありません。

夢の中で泣くのは、一つには

あなたの中に蓄積されていたストレスを解消するため

です。

現実世界では、物心がつくとむやみに人前で泣いたりはしなくなります。

あなたがそれを許さないから。

あなたの心は、

そうした硬直状態から解放されたい、自然な感情を味わいたがっているのに、

現実にはできないので、夢で泣いて、純真な自分を取り戻そうとしたのでしょう。

魂にとっては、「分別」を獲得することよりも、純真であることのほうが大切なのです。

あなたは、

外への適応能力が良すぎるのかもしれません。

そのような人は、

ときに、自分の「心」を忘れてしまうこともあります。

悲しみ・歓喜・悔しさ・感動・・泣く理由はいろいろあると思いますが、

その感情をしっかり味わい、泣いて発散させることができたら、

それが洗浄作用・負荷軽減・解毒となって、

その原因となった、現実の問題の解消ができたり、新しい展開に導かれるようになるでしょう。

こうしたステップが、あなたを成熟させてもゆくでしょう。

心行くまで悲しみを受け入れる

ことが大切です。

泣いていたのがあなたではなく、

対面する誰かであったなら、あなたが

その人に対してストレスを感じている

ということ。

若しくは、

頼ってほしいと思っているのです。

自分の

弱さを見せられるくらいの関係を築きたい、とも思っているでしょう。

涙参照

コメント

タイトルとURLをコピーしました