交差点・十字路

場所夢の意味

意志を持ってしっかり歩を進めていこう
現状、

どの道にも進めますが、

一つのことに心を決める前に

見渡して進む

ー再確認の必要があります。

道の中央ー交差地点は

交わっている部分、「縦横」の糸と同じで、

時間に対して空間、女性に対して男性など、異質なものと出逢っている

可能性があります。

 

立ち止まっていたのは、決断を迫られているけれど、

幾つかの選択肢を与えられて、見合わせているからでしょう。

重要な局面で何か一つを選択しなくてはならない時の不安

を表します。

一つには、

「選ばれなかった選択肢にある、大切なものを見失っていないだろうか」

という不安です。

迷わずその先に進むには、

「沢山の情報」を入手しなくてはならない

と思うのです。

そのパターンにはまると、自分の安全のための道を探し続け、

永遠に避難先を求めるような生き方をしなくてはなくなります。

適応力がありすぎる人は、かえってそれが仇となり、

選択肢に迷う夢を見ることが多いでしょう。

今後「すべき」ことに関する考えをころころと変えたり、

頻繁に過去の決断を振り返って疑問を抱いたりしてしまう

ことがあるかもしれません。

それが、二つめの解釈に繋がります。

自己不信に陥りやすくなっていること。

人込みや車の往来の激しい場所を渡るときのような、

自信のなさ

による不安、

情緒的に吹っ切ることができない過去

が、あなたから自信を奪っているのかもしれません。

 

夢の中に登場していた人や車が、

自分が何に不安を感じているのか、教えてくれていた可能性もあります。

簡単には決められないだろう、というときは、

頭で考える客観性ではなく、心の感性が頼りになります。

あなた自身に、揺るぎない自尊心が備わっているときに下す決断は、

たいてい宇宙と共鳴している

ー 引き受ける覚悟ができているので、よい結果をもたらします。

 

決断に必要なのは、

リラックスして、訪れる状況を楽しむこと

です。

思い通りにいかなかったとしても、道はその先にも幾つもあります。

あなたに必要な情報は、いつでも必要な時に直感という形で降りてきます。

 

道の幅や清潔さ、人の量、周囲の状況などは、

直面している状況について、あなたがどれだけ理解しているか

を表しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました