落ちる・墜落

夢の意味状況

思うようにならない。どうしたらいいか、わからない。

落ちた場所が高いほど、

乗り越える障壁が高い

ということ。

 

「落ちる夢」は、

実社会で、

自分にはそれ以上の能力はないのに「もっとやれ」と求められていたり、

そうしたプレッシャーに耐え続けながらも、

もっと頑張らなくてはならない、

と思っているとき、見ることが多く、

もう、限界!

というあなたの心の叫びを表しています。

 

ときに、

自己の力を過信している

時にも、見ることがあります。

 

また、

まだ社会との折り合いがうまくつけらずにいる思春期にも、よく見ます。

ー例えば

受験がうまくいかない、厄介な仕事を押し付けられる、異性の高い理想に合わせようとしているなど、

乗り越えることを困難に感じて、

制御不能な状態に陥っている

可能性もあるでしょう。

これまでは、ほかの何かで覆い隠せていたり、なんとか保てていたことが、

いよいよ限界点にきている可能性があります。

 

どんなに状況に順応していても、実際には

予想外の変化やトラブルが起こるものです。

勿論、

あなたもそれを想定したうえで遂行していると思いますが、

うまくいかない気がしている

のではないでしょうか。

 

夢は、

現状に手一杯、キャパを超えているぞ、

と伝えているので、

どうしてもこれだけは譲れない、ということを除いて全てを放棄し、

自分の生存を守りましょう。

早く決断できるほど、健全な状態への復帰を目指せます。

 

優先すべきは、あなたの身体(心)です。

例えば、飛行機から落ちるなど、「生命にかかわるほどの墜落」から

被害を最小限に防ぐには、

その他のものを放棄してでも生還する方法を真っ先に決断しなくてはなりません。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました