同僚・職場 

人物・キャラクター場所夢の意味

夢の同僚や職場が、

自分にとっては、難しいこと

について、教えてくれることがあります。

人間関係であるか、仕事の仕方であるかによっても違いますが、

あなたの向き合うべき

テーマが同じなら、毎回似たような場面が映し出される

でしょう。

 

あなたにとって、

職場はどのような場所でしょうか。

いろいろ思い浮かぶかもしれません。共通して言えるのは、

簡単にはいかないけれど、

心に描く高貴な実現に向け、限界を乗り越えてゆく場所。

自分を成長させる場所であるとともに、力を手にいれる場所

ということではないでしょうか。

そうした場所を通し、同僚たちの姿を借り、

自分がエネルギーを注ぐべきこと

や、

自分のあるべき姿や理想の形

について教えてくれることがあります。

 

私達は、手元にある情報で考えられる限りのことを考え、解決策を探ろうとします。

どんな実践をすれば、社会で通用する能力を高めていけるか、

現在の問題を乗り越えるためには、どのような手段で臨めばよいのか

など、

職場や、同僚たちの姿を借り、改善策を探っているのでしょう。

 

あなたにとって、職場は

緊張の場

であるかもしれません。

例えば、PTA組織、ボランティアや地域活動、趣味など、

職場ではないけれど、同じくらいの緊張を強いられていたり、慣れない立ち位置に戸惑っている

可能性もあります。

社会の中で生きていくためには、他の人の意見を尊重するだけでなく、

自分の言いたいことや、何をしてもらいたいかを考え、

自分を尊重して

自ら心地よく居られる状態

を作り出していくことも大切です。それを伝えていたのかもしれません。

 

現実に叶わなかったことが多いと、

過去の職場に、いつまでも居続けてしまうことがあります。

正当に評価されなかった、などの「未練」が、何度も過去の職場に舞い戻って

働かせることがあります。

やらなくていいのに、一生懸命雑巾がけをしていた、

なんてこともあるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました