珈琲(コーヒー)

夢の意味食べ物・飲み物

刺激剤のある健全な効果。
珈琲を飲むのは

栄養を摂取するためではありません。

夢の珈琲が表しているのは、

自然な欲求の充足とは異なる次元の行動を繰り広げること、

主に社交的な関係が表れています。

現実の中でも、コーヒーを摂取するのは、

一息入れるときたい時で、「これから寝る気まんまん」の時より、

何かに向かわねばならないとき、

生じうるストレスから自分を守らなくては

という思いが強いときです。無意識の緊張感。

 

夢の中で、あなたが

「美味しい珈琲を」

「親しい人とともに」

「味わう」

ことの、

どれを望んでいたのかも手掛かりになります。

例えば「美味しい珈琲」を求めるのは、

より良い関係性やおいしい(メリットのある)関係を、或いは状況の回復を試みている可能性があるでしょう。

「親しい人」については、

珈琲の冷め具合から推測します。

相手や状況に対する「欠如と充足」「快・不快感」を認識したいと思っているのです。

「味わう」ことに焦点が行くなら、

状況に適度な刺激を欲していて、なんらかの方法で満たそうとしているか、なんらかの方法で埋めようとしています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました