夢の「服」は、

この世界に適応するために必要なあなたの姿

着用していた服には、

現在の職業・立場・役割・肩書きが表れています。

或いは、他の人から見えている姿。

夢の中ではちっとも変に感じなかったけれど、

夢から覚めて、はじめて異常だったと感じることもあるでしょう。

例えば

・場違いな服装。

これは今の立場に対して準備不足の不安を感じているから。

或いは、現実世界で

その場所のしきたりや慣例に合せられず、いたたまれない思いをしている可能性があります。

 

・窮屈な服・小さいサイズの服

現実世界でも窮屈さを感じているということ。

何かに制約されていたり、足を引っ張られている可能性があります。

 

その他、

・着ていくはずの服が見つからず、半狂乱になって探しているのは、

周囲の要求や期待に応えられない、自分では力不足なのだ、

という不安な気持ちを表わしています。

・作業着を着ていたら、その作業が意味する仕事について考えてみましょう。

例えば、

掃除をするための服なら、

無駄な物事を整理したり、片付ける必要がある

と告げている か、

 作業の「ノルマ」がたまっている

ことを知らせています。

 

・夢で着ていた服に違和感を感じる場合、

はっきりと自覚していなかったあなたの本心と、その原因が示されています。

たいていは、

今の場所に自分が「フィット」していないと感じているか、一時的な緊張感です。

自分らしくいこうと心が定まり、理想の自分を明確化していくことで、不安は解消されます。

 

・汚れた服を着ていたら、周囲に悪い印象を与えている可能性があります。

振る舞いに注意したり、身なりを整える必要があるでしょう。

・服の綻びを繕っているような場合は、現実の失敗や対人関係を改善・修復する必要があります。

制服  スカート参照

コメント

タイトルとURLをコピーしました