クリスマス

イベント夢の意味

クリスマスは、「祝祭」の名残りです。宗教的な意味を踏まえると

これまでの物事に区切りをつけ、

再生ー新しい物語の始まり

を告げている可能性があります。

また、クリスマスや七夕などは、季節行事であり、

あなたが何らかの節目にいる

ことを告げています。

 

家族や仲間と集いあったり、恋人と過ごす楽しいクリスマスなら、

愛ややさしさへの気づき、

ー私達は愛されるべき存在である

と認め合っていること

を表しているでしょう。

 

過去の家で、家族全員とクリスマスツリーの飾りつけをする」

夢を見た人がいます。夏に!

 

夢主にとって、過去の家は、

思い出を分かちあえる者達

が集いあう場所であり、

飾りつけをし、プレゼント交換をする

賑やかなクリスマスは、それを象徴するに相応しい行事であるのでしょう。

 

前述した夢には、楽しいクリスマスとは打って変わり、銃撃戦が繰り広げられ、

人が殺されるなどのシーンも描かれるのですが、

このような夢を見るのだとしたら、

安心感を求め、人と常に繋がっていたいという気持ちと、

新しい方向に動き出さなくてはならない、

という心の葛藤があるのかもしれません。

 

「ツリーへの飾りつけ」が印象的であるのにも、意味があります。

ツリーには「常緑樹」=強い生命力を象徴する樹

が使われます。飾りつけるのは、

朽ちることなく続いていくように、

という思いや希望、願いを表しているのでしょう。

ツリーの△の形が、「3」即ち

ひとまとまり・統一性が生じること。

豊穣・幸運。

対立や葛藤が解決と調和に向かう

ことを意味していることもあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました