選ぶ

選ぶ

可能性を探っています。

同じものを見ても、どこに視点を置くかによって価値が変わり、それを意識する側の人の見方によって、違う世界が開けます。

あなたが沢山の中から一つのものを選ぶことができたなら、近々為すべき使命に気付いたり、運命の出逢いが訪れるでしょう。

現実の中ではもう、何かを決断しているのに「選ぶ」夢を見るなら、まだ心の中に迷いが残っているということです。

現実に目標を見失っていたり、選択の基準がわからないでいるとき、夢でも選ぶことができません。

占いなど、他の人に決めてもらうという方法もありますが、自分の判断で見通せる範囲を拡げるほうが、被害や失敗は少なくなるでしょう。

そのためには訓練も必要です。

いつも同じやり方や戦略で押し通すのではなく、選んだ状態を引き受け、できるだけ多くの可能性を試してみることで、柔軟性と才覚も備わるようになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました