充電・バッテリー

夢の意味自然がもたらすもの

嘘でしょ!あると思ってたのに、無くなってる。どうしよぅ。

充電がない、ないから使えない

夢を見ると、

生命エネルギーが不足している

のかもしれない、と考えたくなります。

でも、夢の「充電」が表しているのは、あなたが

必要なだけエネルギーを使える状態であるかどうか

ということ。

 

例えば、あなたがとても疲れていて、

とてもエネルギーが充満しているとは言えない状態で

何かと関わっているとしても、

消費の仕方が少なく済む方法を知っていれば、特段困らない

でしょう。

困るのは(否定的な夢は)

自分には

まだよくわかっていないことや、無理目なことを「やれ」と押し付けられるなど、

どれだけエネルギーを注ぎこめばよいかわからない

時ではないでしょうか。

 

このようなことは枚挙に暇がなく、

あれをやれ、これをしなくちゃいけない、

と自分を癒す時間さえないのが、多くの人の現状

ではないでしょうか。

そのため、私達は

パワースポットに出かけたり、

マインドフルネス(瞑想)、祈りなどにより、自らのエネルギーを高めようとします。

 

あなたは若くて、それらの実践を知らないかもしれないし、必要としないかもしれない、

期待もしていないかもしれませんが、

こうしたことは、形は違っても

宇宙エネルギーを体内に取り入れるための術

で、身につけて困ることはありません。

エネルギー不足に陥らないよう、

そうしたことを「特別扱い」せず、日々の生活の中に、うまく取り入れていきましょう。

 

障壁を減らし、流れをよくすることができれば、

多少傷つくようなことを言われても笑えるくらい

心や精神に余裕をもてるようになります。

 

日頃から瞑想や祈りに親しんでいる人は、パワフルです。

宇宙の森羅万象に意識を向け

「(慈)愛」から取り組む(=宇宙と共鳴する活動)のと、

「報酬がもらえる」「褒められる」などの条件つきの労働では、疲れが違い、気分も違います。

「心からの献身」には、汲んでも尽きないほどのエネルギーが湧き、

この経験は

味わうほど「喜び」や「自信」に繋がるので、蓄電能力もアップするようになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました