叫ぶ

叫ぶ

恐怖や驚きなど、叫び声には

強い感情が伴っています。

夢で叫んでいるのは、

あなたには、

自分の思いとか考えがあり、それを伝えたいと思っているのに、

それを伝えられずにいる、

ということ。

ただ伝えられないというだけではなく、

早く知らせなければ、というような

焦り

があるとき、それが「叫び」という形になって夢に描かれます。

 

他の誰かの叫び声を聞きつけ対処しようとするのは、

あなたが、昼間会った相手の

表情や動作・言葉の中にあった伝えきれない思いを

読み取ろうとしている

可能性があるでしょう。

叫び声を聞いても無関心な人がいるかもしれません。

それは、それぞれの器の問題です。

 

誰もいないところにいて、一人で叫んでいるのは、あなたが今、

自分の考えや思いが理解されない状況にある

ことを表します。

やせ我慢して恰好つけてしまうとか、

いつも控えめで、なかなか自分の胸のうちを明かせないでいる、

ということがあるかもしれません。

誰かの心の悲鳴を聞きつけ、なんとかしてあげたいと思っても、無関心を装ってしまうことが

あるかもしれません。

どちらであっても、この夢を見たら

自分の心に嘘をつかない、

と決めることが大切です。

 

 

 

 

占い行為
hanako0513をフォローする
夢占い・夢メッセージのキーワード検索

コメント

タイトルとURLをコピーしました