自転車

自転車に乗った二人の少女が、光の方向に向かって漕いでゆく
乗り物夢の意味

どこまでも進んでいけそう。時々点検も。

アンバランスを超えてバランスを保てるようになった

こと。

 

例えば、

私達はどのような行動をするか

にあたり、「自分自身がどう考えるか」と、「社会で何が受け入れられているか」

両方を検討しなくてはなりません。

人生の中では、何度も考え抜かなかればならない場面に遭遇し、

自身のアイデンティティについて内省し、社会においてどのような生き方が求められているか

両方をバランスよく考慮しなくてはなりません。

こと自転車は、

人の行動範囲を広げる最初の乗り物

という考えにたてば、

超越のための、最初の経験

を表していた可能性もあります。

あなたの中の

様々な側面・特質が調和すれば、より自由に

進めるようになってゆきます。

 

ある人は、

「最近自転車に乗っていなかったのに、夢の中でとても遠くまで自転車を漕いでいた」そうで、

それが、とても楽しかったのだそうです。

最初は、ほんのちょっと力が要りますが、動き出せば自分のエネルギーで

どこまでも進んでいくことができる、それが自転車のいいところです。

 

或いは、新しいドラマを引き起こすために

「かつて経験した力」が必要である、「小さな出だしがものをいう」、

ということかもしれない、

今の取り組みが好奇心に触れたら、

力をいれて、ニーズに向けて動き出しましょう。

もっと先に行きことができます。

 

サイクリングを楽しんでいたなら、

何かあなたのフィーリングを心地よくするような、刺激的活動がある

のではないでしょうか。

それが

否定的な感情のくずを綺麗にし、健全な魂を育てるために役立っています。

 

自転車は、車やその他の乗り物に比べ、責任を感じにくい乗り物

かもしれません。そういう意味で

責任を伴わない自由

を示唆していることもあります。

否定的な夢であるとしたら、

今していることの動機や目標がどこから始まっているのか、一度考えてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました