背中

夢の意味身体・身体の機能

自分では気づきにくいよね
「親の背を見て育つ」

「背を向ける」など、背中を用いた諺が、そのまま夢の意味を表していたりします。

あなたが、普段注意を向けていない、

見ようとしていない部分。

一方で、強靭さ示すこともあり、夢に登場した人や動物の姿を通し、

自分の力を見ていた

可能性もあります。

 

シーンによっては

人の後ろに従っていること

を表します。

 

実例

ゴリラが、背中の太鼓を懸命に叩いていた

という夢を見た子供がいます。

そのゴリラは母親に似ていたと言います。

説明は短いけれど、夢の「背中」は、いろんなことを表していたでしょう。

ゴリラ⇒突如暴れ出す存在⇒母親

の支配下にいるということ。

親の期待や決定に依存して生活している

今の状況を表しています。

 

「背中の太鼓をたたく」という行為は、本人が不快に感じていたかどうかにもよるけれど、

「負が強化」されている

可能性もあります。

(負の強化

=調教で、行かせたい方向に行かせるために、効果的に使うことがある。

個々の性質に合わせて巧みに使う)

うるさく感じたとか、母親の鼓動という見方もできるでしょう。

こっちのリズムにあわせて、という無言の圧力を感じ取っていたとも言えます。

背中は、主に「道徳的」な意味における強さを示すので、

人間でいえば、「しつけ」と思ってする行為

について、意味していたのかもしれません。

 

つい子供に怒鳴ってしまい、いたずらなどの子供の行為を止めさせようと、親は怒鳴り、

そうするとイヤなことを止める、それで効き目があったので、また怒鳴るようになる

という、お馴染みのバトルがあります。

イヤな行為をなくそうとして

親はもっと太鼓をたたき(大きな音で注意を向けさせようととするが)、子どもはむしろ

慣れてしまって、

ますます言うことを聞かなくなる(親をゴリラに見立てていることからも)

親は益々怒鳴る、という

悪循環が延々と繰り返されるようになります。

子供の夢を聞くと、親は反省を促されることが多いかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました