謝る

夢の意味行為

もっと早く、こうすればよかった

謝っている相手に

申し訳ない気持ちがあったり、

借りがあるように感じていたり、

誰かに迷惑をかけるかもしれないと感じ取っている

可能性があるでしょう。

あなたに非はなくても、

自分のせいだ

と思っているとき、

心の中が切なさと申し訳なさでいっぱいになっている時、

謝罪の言葉を発しながら目が覚める、なんてことがあったりするものです。

そうした

「負い目」の感情

は、心の深いところでずっとくすぶり続けていることがあります。

 

他の誰かが謝罪している夢だとしたら、

あなたが「その誰かのように」、

謝罪しなくてはならない立場に追い込まれるだろう、

と予感しています。

相手の謝罪に印象の良さを感じていたなら、あなたも素直に謝罪し事無きを得るでしょう。

 

夢は、

自我とのつきあい方について、

あなたが改めるべき点を指摘していることもあります。

「我」の強いあなたが、「我」の弱いあなたを

大目に見るつもりがあるなら、相互尊重に基づいた

よい関係を維持することができるはずです。

 

また、私たちは逆境に直面したとき、

「強くあらねばならない(そして口を閉ざしていなくてはならない)」

というプレッシャーを感じることがよくあります。

でも、あなたが

いま直面している問題は、もっと

簡単に解決できること

かもしれませんよ。

問題が起こることを予期するかわりに、

自分の苦闘を打ち明ければ、癒しと協力のチャンス

ーそれを乗り越える上で役立つサポートを得られるでしょう。

 

そこまで期待できないとしても、

夢での、自分の率直さを見習い、

「ごめんなさい」ということができたなら、

現実の問題もしこりを残さずにすみます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました