舞台裏の奮闘

舞台裏の人影
夢の意味

表に出ないけれども、全体に力が及ぶ

肯定的には

自分の手で何かを成し遂げている、という深い手応えを感じています。

あなたの情熱が、他の(目立つ)側面と共鳴していること。

否定的には、

人のサポートを引き受けたり、自分の都合よりは他人の都合を優先せざるを得ない状況にあり、

地味な役回りに終始している

可能性があります。

 

確かに、舞台裏の仕事は華やかさには欠け、

主役感には乏しいかもしれません。

でも、

自分がやったことと、周囲の反応がうまく噛み合えば、

物事が驚くほど望ましい方向に進展してゆき、周囲の人の心に影響をもたらします。

 

現実には大きなプロジェクトのリーダーを任されていて、

多くの期待を背負っていたり、

状況を「察し」、世話をし、サポートし、事情やニーズを伝えるポジションにいる

る可能性もあるでしょう。その活動が

達成感や誇り、喜びへと繋がっているのかもしれません。

 

舞台に立つ人が、あなたのセルフイメージとか、アイデンティティのようなものだとしたら、

舞台裏にいる自分は、表舞台に立って大活躍を続けている自分を

押し上げるような働きをする側面です。

舞台に立つ人が

舞台に立って拍手喝采を浴びるためには、

汗をかき、動き回り、試行錯誤する努力が不可欠で、

それが、多くの物事を動かします。

肯定的な夢なら、成果に繋がる

「イイ仕事ができている」ということでしょう。

 

どんな仕事もそうですが、

裏方の仕事は、表のことがわかっていなくては務まらず、

舞台裏の仕事もまた、単なる準備係ではないわけです。

私たちが日常的に繰り返し、「積み重ねていること」は、

自分で思うよりもはるかに密度が濃く、

あなたが日々選んできたこと、考えてきたこと、日常的に何気なく取り入れてきたこと、

あなたの「審美眼」にかなって、あなたの生活に入り込んできたことが、

すべて、今のあなたの世界の土壌を豊かにしています。

 

あなたのプロデュース力は、

1つの、新しい世界を生み出します。

 

「舞台裏で何か重要な役割を果たすように準備している」夢を見た人がいます。

「舞台裏の大きなカーテンの後ろからは、観客の歓声が聞こえていた」そうで、

自分は直接的には関与していないけれど、喜びと達成感を感じていた、といいます。

あなたが、

周囲の賛同を得られるような、価値ある取り組み

をしていること。

夢の中で聞こえた拍手や歓声は、

ごくリアルな態度を通して送られる

「あなたを必要としている」

という(賛美の)メッセージであるといえます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました