座る

夢の意味状態・態度行為

 

「目がすわる」「きもがすわる」などの言葉もあるように、

じっと動かない様子や、覚悟をきめる、動揺しないさま

を表します。

ゆっくりと腰を据えて考え、取り組もうとしていること。

或いは、居場所の確保。

私達は、普段あまり意識せずに

いつもの場所

に座り、

無意識に

ここが自分の座り場所

と決めています。

そこは、

家庭なら家庭での、仕事なら職場での、社会の中の自分の位置

を表わしています。

座る「配置」については、

メンバーの間に地位の差がある場合と、等質である場合とでも変わります。

私達は、相手との関係や状況に応じて、適当な距離や方向をとっています。

国を治める王は、全てを見渡せる場所で、一番立派な椅子に座ります。

愛猫は、いつも一番日当たりのいい、一番いい場所に居すわります(^^♪

 

座る位置は、

私達の「視線」の在り方、感受性や「察知能力」にも関係しています。

 

この夢を見たら、考えてみましょう。

自分にとって楽な

座り場所であるかどうか、

ということです。

もしも、

いつもそこが一番落ち着くという場所であるなら、

「状況がよく見えていて」、「よくわかっている」

のです。

そこからみえること・考えることの中に、あなたが生きるために必要なことがあるかもしれません。

もし、そうでないというなら、

現実の座るところについて、「いつも通り」「決まった通り」にしていることについて、

考える必要があるのかもしれません。

一つの場所に居続けると、一つの景色しか見えません。

「自分のポジションはここ」と決めてしまわず、敢えてあちこちと居場所を移動させてみると、

見るべきものが見えくる

ことがあります。

例えば

いつも中心に座っていたら、

時には隅っこに移動して人の動きを観察してみるとか、

本棚に向かって座っていたら、本棚を背にしてみるとか、

同じものであっても、角度を変えて見ると、

全く別の意義が見つかる

ことがあるのです。

「座るポジションを変えてみる」「居る場所を変えてみる」ことで、

新たな発見が期待できる可能性があります。

 

自分に与えられた人生を謙虚に享受しつつも、静かな改革を試みましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました