告白する・(秘密を)打ち明ける

夢の意味行為

自分の必要を満たすために、思いを打ち明ける

思い切って言わなければならない

何かがあること。

相手の出方によって、この先のことを

決めていく必要があるか、

その運命を受け止める必要があるということ。

 

重荷を下ろしたい

と思っていること。

ただ、そのためには

勇気がいるということ。

秘密主義を貫くことで、誤解を招くこともあれば、

あらいざらい打ち明けることで、話すつもりのなかった情報までばらしてしまうおそれもあります。

 

悪事を告白するにせよ、正体を打ち明けるにしても、

どの程度まで真実を打ち明けたらよいか、

どの程度まで詳細に踏み込む必要があるか、

告白した後も、同じ関係を維持できるだろうか、居心地の悪い思いをせずにいられるかどうか

を考えるものです。

それによって、

自分の立場が不利になるかもしれない、

という思惑が働いていること。

 

総じて、

そのままを表現することが難しい

状況にあることを示唆しています。

 

理想は、

適切な情報を共有するに留め、自分を

つらい実態把握の痛手から守ることです。

 

この夢を見た人の中には、

職場の上司に、出勤日数について疑問に思っていることを聞きたいのだけど、

それを聞いてしまったら、出勤日数を増やされるのではないか

ー 言わなければいいものを、言ってしまったために、馬鹿をみるのではないか

と考え、迷っているという女性がいました。

夢の内容は、

「友人がみんなのいる教室で告白する」

というもので、

「凄いなぁ。自分にはできないよ」という気持ちで友人を見守っていたそうなのです。

 

友人が、夢主にお手本を見せていた

とも考えられますが、それよりは、

夢主が、友人の姿になって、

告白が成功するには(今の不安を解消し、うまく答えを聞き出すには)

いつ どのような場所で言い、どう返事をもらうのがよいか、

タイミングを計っていたり、状況をシュミレーションしていた、

ということなのでしょう。

 

その他、解釈としては

気がかりだったことを言葉にして、智慧を出し合おうとしていること。

自分または相手を信頼していること。

心をオープンにして、

周りの親しい人達と、新しい誠実な関係を構築しよう

と考えている可能性もあります。

 

それらすべてであるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました