蛹(さなぎ)

枝にさがっているさなぎ
夢の意味

生まれかわりかけている

古い自分から新しい自分になるための準備期間。

その中で何が起っているのか、私達には

わからないように、

「他人の目に触れない」ところで、

自分自身の心の奥深くまで下りていくような体験をしている

可能性があります。

 

これから先、全身全霊をかけて取り組むミッションがスタートする気配

がしています。また、

あなたには、

拡大し、成長させたい何かがあって、

「これから始めることのために、それを

できるだけ大きく育てておきたい」、

と考えています。

長年かけてやってきたことがあったとしたら、

それが一段落し、

全く新しいことが始まっていく

でしょう。

一人きりでじっと考えたり、

安心して静かにしていられる時間を持つことが、

あなたのエネルギーを回復させるのに大きな効果を発揮するでしょう。

 

「秘密」や「犠牲」を象徴していたようなことがあったとしたら、

それが

「スタート」や「原点」に変化します。

 

何か学んでいることがあるのなら、

じっくりと時間をかけ、自分のものにしていく

ことが大切です。

具体的な計画がない、何のことかわからない、

としても、

目の前のことに取り組むことで、直に

「このためだったのか」と納得できるでしょう。

あなたが手にするものは、予想をうわまわる有益なものです。

今は辛抱強さを発揮し、自分をいたわる気持ちを持っていてください。

 

古い殻を脱ぎ捨て、新しい姿を手に入れるのは、

望みを阻んでいたある条件を解除され、新たな展開を迎える兆し。

かねてよりの希望 ー念願のポジションなどー を

「満を持して」手に入れる

可能性があります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました