銭湯

場所夢の意味

大衆に開かれた場所。心の衛生
裸の付き合い。

身近な人とのコミュニケーションの在り方について、

知らせていることがあります。

銭湯は、

湯舟に入って癒されることのみならず、人とコミュニケーションを通して幸福を感じる場

でもあります。

夢で裸になることは、ありのままの自分をさらけ出す

ことを、

お風呂は、リラックスできる場所を意味するので、

夢の中で

一緒に銭湯に入っていた人は、本音の付き合いができる関係

です。

それじゃ、

銭湯に一人で入っているのは、本音で話す人がいない寂しい人なのか、というと

そうではなく、

人目に触れる自分を意識していること。

気持ちよく入っていたとしたら、あなたは

今の自分を

とても気に入っているのではないでしょうか。

そして、

一人、二人・・入ってくる人がいたら、その人達は

人前で自分を開示し始めたあなたに共感を抱いたり、

魅力を感じた人達なのでしょう。

 

あなたではない誰かが、他の誰かと銭湯に行く夢は、

その人がどのような人と意気投合しやすいかを表しています。

あなたが関心を向けている人が、どんな人と相性がよくて、

自分にどんな資質を取り入れる必要があるのか、

さりげなく教えてくれているのかもしれません。

 

あなたが、誰に対してもなかなか本音を言えずにいる場合、

自分だけ服を着ている夢を見るかもしれません。

自分に自信がない、人に好かれる自信がないから、

本音で接することは難しい、と考えるかもしれません。

でも、日常仲良くしている人に、多少欠点があったとしても、

あなたにとって完璧な友人であるように、

あなたに多少自信のない部分があったとしても、友人たちにとってはそれらも含めて

あなたであり、夢は

もっとわかりあうには、或いはもっと自信をつけるには

自分を少しずつ開示していくことが大切だと告げているのかもしれません。

 

また、

過去に人間関係に失敗した経験があり、人間に不信を抱いているなど、

自分を露わにできないのには、複雑な要因があるかもしれません。

人に見せる自分を追い求めるのではなく、自分の理想を選択し続けていくことも大切です。

一人になる時間をおそれないこと、

いつも人と一緒にいることで、自分が何を考えているのか、わからなくなることがあります。

人に妨害されることのない時間も確保し、あなたがあなたらしくいられるような、

新しい環境にも飛び込んでいきましょう。

それにより、自信も備わるようになり、本音を打ち明けられる人とも出会えるようになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました