説教、説得

夢の意味

木と森の両方を見て

あなたは、

考えや計画を変えていくよう、情熱的に仕向けている

最中です。

(相手よりも)自分のほうが世慣れている、その仕組みを理解している、

と思っています。

お説教している相手は、

無邪気な信念に基づいて判断を下そうとする

「自分自身」であるかもしれません。

 

ある女性は、

「少女を更生させようと、お説教する」夢をみました。

このような夢が、

今の苦境の中に希望の光を見いだし、そちらのほうに相手の注意を向けさせよう

としている可能性もあるでしょう。

 

夢の少女は、

あなた自身の「繊細さ」や、「思い通りにはいかない(コントロールが難しい)」自分

を示していた可能性があります。

 

夢主は、現在の職場で楽しく働いています。同僚たちとは仲が良く、

特に問題を抱えているわけではないのですが、

仕事はグループで行うため、ほぼ必然的に休憩時間を一緒に過ごすことになります。

夢主にとっては少々不自由さがあり、雑談から、人の私生活に関与することにも抵抗があるようでした。

その辺りのジレンマが「少女」という形で表れていたのかもしれません。

 

今のままでは後悔することになる、と思うのでしょうか。

何かトラブルを予期しているのでしょうか、あなたがかつて

今と同様の立場にあって嫌な思いをしていたとしたら、

「教訓を学ぼうとしない自分」にどう対処していくべきか、思索しているでしょう。

或いは、

その時は見落としていた可能性を見いだし

変化を起こそうと心の準備をしている

可能性もあります。

 

説得がうまくいかないのには、幾つか原因があるでしょう。

相手が聞く耳を持とうとしないは、

相手の限界をあなたがわかってあげようとしないから、

敬意を払い、別の選択肢を探そうとしてあげないから

かもしれません。

 

あなたには、相手が躓きそうなことが一目瞭然、

でも

自分の間違いを指摘されるのが好きな人などいません。

いくら、自分の説得力に自信があり、

人の心理的な鎧(よろい)の隙間を見つけるのに優れていたとしても、

「相手を動機づけるものが何なのか」直観的に見抜けるとしても、

相手に理解を示し、心が通い合う関係を築こうという誠実さ

を欠いているとしたら

「やりたがらないことを、喜んでさせる」ことは難しいでしょう。

 

ひたすら

「情熱的に訴えかける」は、功を奏すこともありますが、

怒鳴られたり、批判されたり、お説教されている?説得させられてる?

と思えば、喜んで聞いてはくれないでしょう。

人は、

優しく丁重に扱われると、ポジティブな反応を示します。

自分に対しても同じなのです。

あなたは、

自身をあおることもできれば、勇気を与えることもできます。

 

そもそも、

「絶対の確信を持って」言えることなどない

のでは?

私達は、自分の言ったことを最後まで貫き通そうとするあまり、矛盾する何かに気づいても、

見解を撤回できなくなることがあります。

あなたが、そのような立場に自分を置いてしまっていたなら、

その気付きをもとに

もっと生産的で、喜んで協力し合えることにエネルギーを注ぐ道がある

のかもしれません。

苛立ちを抑え、寛大で、寛容で、人を勇気づけられる自分であろうとするなら、

必要としている道筋が見えてくるでしょう。

 

セールスマン 参照

コメント

タイトルとURLをコピーしました